サハラン・シルバーアント

サハラン・シルバーアント

70度を超える猛烈な暑さのサハラ砂漠。
そこに住む蟻「サハラン・シルバーアント」。
銀色の毛が生えて耐熱進化しているんだって。
そんな彼らですら日中は10分しか活動できないそうです。

帰還時刻に遅れれば例外なく死が訪れる。

僅かな時間で熱波で死んだ他の獲物を発見し、持ち帰らなければいけないハードな生活を送っている。

電子顕微鏡で銀色の毛を拡大すると断面図が三角形であると判明。

これは太陽光の反射率が非常に高く、逆に赤外線の反射率は低く放熱が高い効果があるんだって。
しかも体の形も光の反射・輻射に適した形になっていて、効率的な冷却を行うそうです、生物すげぇ!





いきものカテゴリの最新記事