キャプテン・リノ

キャプテン・リノ

キャプテン・リノ

原題:Super Rhino!
変則型バランスゲーム


紙で出来たカードを交互に積み重ねていくバランスゲーム。

キャプテン・リノとはサイみたいなスーパーヒーローの事。
キャプテンリノが悪いヤツがいないかビルに登る設定なんだって。

ぶっちゃけコイツのせいでビルは倒壊するんだけどなw

こんな感じで天高く重ねていくゲーム。

ゲームの流れ

開始時、各プレイヤーは屋根カードを5枚(2人プレイ時は7枚)受け取る。

手番のプレイヤーは前の人が設置した屋根に記載されている通り、壁を設置。
その後、自分の屋根カードを上に置いて手番終了。

そう、交代で1階ずつ増築していくのだ。

これが「屋根カード」と「壁カード」
屋根カードには「壁」を立てる位置を指示したマークをが記載されている。
「 」< といった形のやつね。

あ、あと屋根を積み重ねる時は上からみて土台からはみ出さないよう設置すること。
そして屋根を設置するとき両手で屋根を持つこと(これが難しい)。

こんな感じでね。

そうそう、最初に土台を選ぶよ。

終了条件

・最初に手札が0枚になった人が勝利!
・もし、ビルを倒壊させてしまった人は失格。

残りのプレイヤーは手札が少ない順で勝利。

特殊な効果を持つカード

屋根カードの中には特殊な効果を持つものがある。

【追加1枚ドロー】
次の手番プレイヤーは山札から追加で屋根カードを1枚引かなればならない。

【1回休み】
次の手番プレイヤーは1回休み。

【手番転換】
手番の順番が反対周りになる。
2人プレイ時は無効。

【キャプテンリノ】
次の手番プレイヤーは「キャプテンリノ」コマをこのカードのマークまで移動させなければならない。
大抵、このカードのせいで倒壊する。

【2枚重ね】
このカードをプレイするとき、
もう1枚他の屋根を重ねてプレイする。
※2枚重ねに2枚重ねを重ねるのはダメ。

ただし、他に重ねるカードを持っていない無い、
次のプレイヤーから手札を1枚もらい、
代わりに重ねてプレイしなければならない。

強力なカードだが、早期に使い切っておく必要がある。

ゲームの流れ

どんどん立てていき・・・

そして、

最後は倒壊するゲームw

当サイト的評価(Bランク

キャプテン・リノ

原題:Super Rhino!
プレイ人数:2~5人
2人時の楽しさ:★★★★☆
ルールの複雑さ:★☆☆☆☆
対象年齢:5歳~
プレイ時間:10分

Amazonで詳細を見る

うむ、文句なしに楽しい!
見た目のインパクトもあり、とてもウケがいいパーティーゲーム。
だんだん勝敗とかどうでも良くなって、高いビルをつくるのが目的になっちゃう。
カードなので倒壊時も無音、コンパクトで持ち運びも楽々です。

ちなみにシリーズ作品で「巨大版」とかもある。
いったいどうやって上の方を積むのだろうw?

当然だけど、エアコンの風があたるような場所ではプレイ不可だよ。

ボードゲームカテゴリの最新記事