【幼児向け】虹色のへび

【幼児向け】虹色のへび

【幼児向け】虹色のへび

原題:Regenbogenschlange
幼児向け定番カードゲーム


遊び方

山札からカードを引いて3つ以上のパーツでヘビを完成させるゲーム。
ヘビはみんなで協力して作るが、パーツを最後に完成させた人がヘビカードをゲット。
山札が無くたった時、一番カードを持っている人が勝利。

ヘビは「頭」「胴体」「尻尾」の3つのパーツで完成するよ。
繋がる時に色が合うのが条件。

タイトルでもある「虹色」のパーツは何色の代わりにもなるスペシャルパーツ。
胴体は何枚でも繋がるけど、頭と尻尾だけではダメ。
場にくっつけれるパーツが無い場合、とりあえず場に出す。
後でくっつくのが出た時にまとめて合体も有り。


ってな感じの運ゲー。

めちゃくちゃ長いヘビを完成させた時に爽快感がある。
逆に長い胴体作ってる時に山札が尽きたら不完全燃焼さが残るのが残念。

当サイト的評価(Cランク

虹色のへび

原題:Regenbogenschlange
プレイ人数:2~5人
2人時の楽しさ:★★☆☆☆
ルールの複雑さ:3歳~
対象年齢:
プレイ時間:

Amazonで詳細を見る

兄「幼児向けとしては可もなく不可もなく」
弟「カードのエッジが角丸じゃなく安っぽいね」

ボードゲームカテゴリの最新記事