ヒカリコメツキ

ヒカリコメツキ


ブラジルの大草原セラードで幻想的に光る土の山。
これはシロアリの蟻塚で、そのシロアリを光で誘い出すのが「ヒカリコメツキ」って虫。

同種が生息する西インド諸島では、夜間、靴先につけて照明にしたり、十数匹まとめれば文字が読めるらしい。
なかなかな光量ですな。

胸部の2つの場所が光る様子から「ヘッドライトビートル」とか呼ばれたりもする。
そことは別に腹部も光るそうですね。

セラードといえば「ロベイラの木」。
この実は超不味く、小鳥も食べない。

しかし、タテガミオオカミだけはこの実を主食にするそうです。
実は寄生虫を駆除する効果があるんだって。

で、狼の糞をハキリアリ(キノコを栽培する蟻)が地下に持ち帰り、巣の上にロベイラの木がまた生えるそうです。








[dfads params=’groups=13&limit=1′] [dfads params=’groups=14&limit=1′] [dfads params=’groups=15&limit=1′] [dfads params=’groups=16&limit=1′]

いきものカテゴリの最新記事