メガララ・ガルーダ

メガララ・ガルーダ


毒を持つ大型のハチの新種「メガララ・ガルーダ」
2011年にインドネシアで発見されたんだって。
雄の体長は3.3cmに達し、巨大な顎を持っている。
その巨大な顎で幼虫を守り、バッタなどを捕獲しているのではないか?とされる。
というのも、これまで発見された個体が全て死骸なので、ほとんど生態が謎のハチ。

ケラトリバチ亜科なので、このハチも砂地に穴を掘って産卵し、幼虫を育てるのかもしれない。


いきものカテゴリの最新記事