ロビンソン漂流記

ロビンソン漂流記

「ロビンソン漂流記」

原題:Friday
超面白い1人用ボードゲーム

ロビンソン漂流記

原題:Friday
プレイ人数:1人用
2人時の楽しさ:不可(1人専用)
ルールの複雑さ:★★☆☆☆
対象年齢:13歳~

Amazonで詳細を見る

~あらすじ~
孤島で誰にも邪魔されず気ままに暮らしていたフライデー。

そんなある日、嵐で船が沈没した船の乗員「ロビンソン」が漂着した。
都会育ちのひ弱な彼は、このままではすぐ死んでしまう。

見かねた島民のフライデーは、陰ながらロビンソンをサポートする事に。
そう、このフライデーがプレイヤー。

様々な「災厄」をロビンソンに与えて鍛えるのだ。
最終的に海賊船を倒させ、ロビンソンを島から送り出し、気ままな生活を取り戻そう!

といったストーリー。

ゲーム内容

このゲームは1人用のカードゲーム。
数ある1人用ゲームの中では突出して面白い。

ロビンソンのデッキを強化して「災厄」を乗り越え、海賊船を倒すのが目的。
しかし、ロビンソンは超弱い。
もう生きてるのが不思議なくらい弱い。
パワーが1とかならマシで、0とか-1とかのクズカードばかり。
さらに「衰弱」というクソカードが混入することで、より弱体化する。

例えば、パワー4の災厄「野獣」に対し、ロビンソンは4枚だして「-1」。
マイナスて・・・ニワトリにすら蹂躙されるロビンソン。

ゲームの大まかな流れ

ここでゲームの流れのをおさらい。ロビンソンはカードで「災厄」にバトルし、

【バトルに勝利】
ロビンソンの山札パワーがアップ!
【バトルに敗北】
体力が減少し、ロビンソンの山札からカードを捨てる。

を繰り返す。体力が0になると死亡
全ての「災厄」を乗り越えた時、「海賊船」との最終決戦に挑む。

セットアップ

まずはセットアップ。

説明書通りが一番だけど、写真の様にコンパクトな配置もオススメ。

ゲームの流れ-Part1

【手番でできる事】
1人用なので手番もクソもないけどw

①災厄(敵)カード2枚を引いて、どちらと戦うか選ぶ。
※選ばなかった災厄は災厄カード捨て場に置く。

現在の「災厄」レベルによって敵のパワーが決まる。
最初は「緑」なので、緑の数値が敵のパワーだ。

②それと戦わせるカードを自分の山札から出す。
災厄カードに記載の枚数を引けるぞ。
③引いたカードが気に入らなければ「体力1」を支払うことで追加1枚引ける。
体力の続く限り引いてもいいよ。
(大抵、これでジリ貧になるのだが・・・)

そして、いざバトル!
数字を比べて、上回れば勝利!

やったぞ!勝利だ!
打倒した「災厄」カードは自分のカード捨て場に置ける。

つまり、ロビンソンのカードに加わったのだ。

ロビンソンは経験を積んで、成長したんですなぁ。

カードの見方

ここでカードの見方を紹介。
敵の時は上側だけ、ロビンソンの物になったら下側を使うだけ。
真ん中に「体力+1」などのスキルがあるものは戦闘中に使用可能。
効果等の詳細は説明書をご覧ください。

ゲームの流れ-Part2

それでは次の戦いに挑もう。
また「災厄」山札から2枚引いて、どちらと戦うか選ぶ。
今回は強い方と戦ってみよう。

「野獣」と戦う時、ロビンソンは4枚カードを引ける。
ニワトリごとき、4枚もあれば勝てるだろw

・・・、見事にクズカードばかり。
仕方ないので、体力1点支払い、追加のカードを1枚引いてみる。

やっぱりダメだった。

ゲームの流れ-Part3

戦闘に負けたら、「災厄」カードは手に入らず、災厄カード捨て場に行く。

しかし、良い事もある。
失った体力の数に応じて、戦闘に使用したカードをゲームから除去できる。
除去したカードはもう使わないので、箱にでもしまおう。

そう、ここがこのゲームの肝。

クソカードをロビンソンのデッキから除去し、圧縮。
強いカードばかりのデッキにするのが目的。

序盤から無理な敵に挑んで、体力を減らしてでも圧縮。

例えば戦闘で体力5点を失った場合。

1コストのカード5枚除去でもいいし、
1コストを3枚と、2コストのを1枚除去でもいい。

過酷な自然の中では、弱いロビンソンは切り捨てていくのですよ。

基本的にはこれを繰り返す。
ここで気になるのは山札が尽きたらどうなるのか?という事。

【ロビンソンの山札が尽きたら】
「衰弱」というクズカードばかりの山から1枚加えて山札を復活。

長期滞在で弱るという設定ですね。

【災厄の山札が尽きたら】
災厄レベルが1段階上昇。
敵のパワーが緑から黄色になる。

さらなる試練がロビンソンを襲うのです。

「衰弱」カードはもう、本当に衰弱。
引いたらかなりの涙目。
デッキを圧縮しまくったら、結果敵に衰弱カードを加えまくる事になるので、バランスが難しい。

ゲームの流れ-Part4

「災厄」レベル赤を突破するとラスボス「海賊船」2船との戦闘!

そして、最終的に海賊船2隻を打ち破り島から脱出。
ロビンソンデッキの合計値が最終得点となる。

といった感じのソロゲーム。

当サイト的評価(Bランク

ロビンソン漂流記

原題:Friday
プレイ人数:1人用
2人時の楽しさ:不可(1人専用)
ルールの複雑さ:★★☆☆☆
対象年齢:13歳~

Amazonで詳細を見る

セットアップが少々面倒だけど、ムチャクチャ面白い。
難易度も半端なく高いけど。

クソカードを連続で引いた時や、パワー0の宝箱に圧死させられた時は素でロビンソンに突っ込んでしまう。
安いので是非チャレンジを。

ボードゲームカテゴリの最新記事